本文へスキップ

引っ越しをするのは大変だと思っていませんか?

スムーズで完ぺきな引越しをしよう。


引越しはたまにするものだからこそ意外と手間がかかって重労働というイメージを持つ方も多いと思います。
引越し業者に依頼する場合は、多くの場合費用を節約したいと思うはずです。
それを可能にするのはまずは引越しの相場を知ることです。

最近ではインターネットで引越し業者の見積もりを一括で複数社から取ることが出来ます。
料金を比較しだいたいの相場を知ることもできますし、その金額をもとに交渉もできるのです。

実際見積もりを取ると大手〜中小の業者、沢山あるワケですが見積もりの値段はかなり違うことに驚くと思います。
見積りを比較するときは、料金だけでなくダンボール箱等資材のサービスや自分の荷物相応のトラックの大きさか、
作業人数は適正かも併せて確認しておくことをオススメします。
また引っ越し やることリストを作っておきましょう。

引越し業者が決まったら次は荷物の梱包です。
どんなに前もって準備しても荷物の整理などをあわせてしていると時間が案外かかるもの。
もっと早くすればよかった…というふうにならない為にも、引越しが決まったら、
すぐに自分の荷物で不用品などはどんどん処分してしまいましょう。

人に譲るのもよし、リサイクルショップでお小遣いにするもよし。
不用品を梱包するのは時間とお金の無駄だと思った方が良いです。
そして現在使っていないものこそすぐに荷造りするのもおすすめです。

その荷造りの際注意したいポイントは、自分がどのダンボールに入れたか分からなくなって、
探すのに苦労するなんてことのないように荷ほどきのことを考えて梱包しましょう。
引越し先ですぐ使うものはまとめておくことも忘れずに。

最近は食器用のクッション材付き梱包ケースを貸してくれる業者もありますが、
そのサービスが無い場合あまりにも丁寧に何重にも新聞紙やパッキンで梱包しすぎて、
荷解きする際にゴミが増えてしまうなんてことになりかねないので、
ふきんやタオルをクッション材代わりにするのも良いと思います。

最後に引越しの時にぜひ覚えておきたい家電の梱包コツをご紹介します。
家電は精密機械ですので買ったときの箱があればそれに収納するのがベストだと思います。
多くの場合箱があることは少ないです。
静電気や水気に弱いのでその点に気をつけ家電が搬送中に動かないように固定させることが重要です。

また引越し前にしておきたい事として、洗濯機は、搬出前に水抜きをしておくことが必要です。
洗濯槽とホースに残っている水を完全に抜かないと他の荷物が濡れてしまう危険もありますしカビの原因にもなります。

冷蔵庫は霜取りをしておきます。
中身も引越し当日までに空にして掃除しておくといいです。
最後にクーラーですが取り外しと取り付けは、住んでいるまたは入居する物件や種類によっては、
着脱に工事が必要となる場合がありますので引越し業者に必ず相談しておきましょう。
業者によっては対応していない場合もあるので、事前の確認を忘れずに!

以上のことに気をつけてスムーズな引越しにしたいですね。

1人暮らしで料理を上手に済ますためのコツ


私がこれまで1人暮らしをしてきた経験を元に、うまく1人暮らしの生活を過ごせるコツをご紹介します。
まず台所は広めのところを選んでおきましょう。

1人暮らしといえば、よほどお金に余っているのなら大丈夫ですが、大概は自炊をする事になります。
それで調理するわけですが、台所がコンロと洗面所しかないアパートを借りてしまったがためにできない、
なんてことがあります。

もうすでにそういった場所を借りてしまった場合は、調理用のテーブルを買うしかありません。
テーブルをしまう場所や処分にも困るので、台所が広いところを選んでおきましょう。
調理するスペースがあって、冷蔵庫が置けたり、洗った食器を置ける場所が確保できるのが望ましいです。
コンロは2つあれば十分です。

次のポイントは料理するメニューは冷凍可能のものを中心にしましょう。
一度に大量に作っておくことで、後はレンジで解凍、
フライパンでちょっと過熱すればできるようなものを作るようにしましょう。

私のお勧めはチャーハン、オムライス、とんてき、チキングリル、シチュー、カレーなど様々です。
保存の仕方はラップかポリ袋に入れてください。
カレーやシチューのようなスープはポリ袋に入れてください。
うまく入れることができないと、袋のふちについてしまうことがありますので、
その時はもう一枚ポリ袋を重ねて包んで冷凍庫で保存しましょう。

スープ系は日持ちもするし、栄養価が高いのでお勧めです。私はシチュー、おでんのどちらかを必ず毎日食べています。
色んな具材を入れられるし、冷蔵庫に入れれば10日は持ちます。
シチューなら冷凍可能なので、1ヶ月は持ちます。

ただしじゃがいもを入れないようにしてください。
じゃがいもは傷みやすく長く持ちません。
それがシチュー全体に及ぼして大変なことになります。

料理がめんどくさい、という場合はすぐに食べられる食材を覚えましょう。
納豆、刺身、とんてき、牛バラ肉などがいいでしょう。
肉屋に行けば、調理済みのしょうが焼き用のとんてきが売っているところもあります。

刺身は閉店間際になると、半額シールが貼られて安くなることを知っておいてください。
生ものですので、なるべく翌日までには食べるようにしましょう。
お腹を壊さないように気を付けてください。

フルーツを食べるようにしましょう。
食卓が作れるものがなくてどことなく寂しいというのも、フルーツが1品添えているだけで見栄えが良くなります。
バナナやりんごでもいいし、フルーツ缶をお皿に移したものでも構いません。
体にも良いし、デザートは欠かさず食べることで美味しく食事ができます。

以上が私が経験した1人暮らしの自炊方法になります。
なるべく手間をかけずに楽にたくさん食事が摂れるようにするのを重視しています。

参考サイト:【 引っ越し単身パック激安ランキング!】料金が安い業者一覧

店内イメージ

shop informatio